通販を使えば何でも手に入れることができる便利な時代、実印や銀行印、認印なども通販店を使えば注文ができます。さらに、会社経営を始める人も会社の中で利用する実印や会社印、角印や銀行印なども通販サイトですべて揃えることができるメリットもありますよね。

 

近所に専門店がない時など、通販店を使えば必要なものを揃えることができるわけですが、印鑑は通販店を使うのは危険であるとも言われていることをご存知でしょうか。

 

近所に実印を買うことができる専門店がない時、真っ先に考えるのは通販店、しかし通販店で購入しようとすると実店舗以外で買うのは危険である、これを見ると誰もが不安に感じてしまうケースは多いと言えましょう。

但し、ハンコヤドットコムを初め、ハンコヤストアドットコム・はんこプレミアム・ハンコマンなどのような有名なお店を使えば危険性はありませんし、ネット通販で印鑑を買うことは、普通のお店で買うのと同じで危険性については差と言うものがないのです。

 

ちなみに、通販店で印鑑を買うことが危険と言われている理由の中にはどのようなことがあるのでしょうか。

 

安い印鑑を販売するため、品質が低い素材を使っている、個人情報をお店に伝えるので印鑑を偽造されてしまうことがある、もしくは個人情報の悪用のリスクがあるなどです。他にも、機械で印鑑は製造されるため、同じ印影のものを作ることができるなどが挙げられるようです。

 

信頼置けるお店を選んでおけば、品質が良いものを提供して貰えますし、個人情報もしっかりと守るシステムが導入されているので安心です。ハンコヤドットコムやハンコヤストアドットコムはいずれも高品質な素材を使っているお店ですし、はんこプレミアムやハンコマンなども同じことが言えます。

 

 

実際、これらのお店を使って実印などの印鑑を購入されている人も多くいますし、口コミをチェックすると対応が良い、値段が他よりも安いなどの評判も多数見受けることができます。通販店の商品は街中にあるお店と比べると値段が安いのですが、これは低品質な素材を使っているわけではありません。ネット通販店の中でも最大手と呼ばれている4つのお店の場合は、印鑑に必要な材料を大量に仕入れていること、受注から製造・出荷までの工程を自社内で完結していること、通販店なので家賃などの余計なコストが掛からないので価格に還元できるなどがあるためです。

但し、4つのお店はそれぞれ値段が異なりますので、4店舗の比較を行っておくことがお勧めです。

 

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムは信頼と実績を多く持つ印鑑通販の最大ショップで、出荷実績数は4社の中ではトップクラスとも言われています。しかも、極上品に分類されている純天然の黒水牛を使ったものが1万円以下で作れる魅力は大きいと言えましょう。他にも、超高級素材の一つでもあるチタン製は2万円以下など、高級な素材を使ったものが欲しい人にとっても魅力的と言えるのではないでしょうか。特に、実印は大切な契約に使う印鑑ですから素材にもこだわりたい人は多いもの、黒水牛やチタン、そして現在入手が困難と言われている象牙などの素材も格安な値段で入手ができるようです。象牙は日本への輸出が禁じられている素材で、現在国内にある象牙は輸入禁止になる前に入荷している在庫です。こうした最高級の素材を大量に在庫しているのもハンコヤドットコムやその他3つのお店の特徴です。

 

ハンコヤストアドットコム

ハンコヤストアドットコムは2014年に楽天のショップオブイヤーで受賞した通販店で、巨大なネットショップでもある楽天で大賞を受賞するなどの実績を持ちます。ハンコヤストアドットコムには10年保証の無料彫り直しサービスもあるので、利用頻度が高い印鑑も安心して買うことができるのではないでしょうか。例えば、会社の角印などは見積もり書類に使用することが多いもの、長年使い続けていると印影の一部が破損してしまうこともあります。濁点などが取れてしまった時なども彫り直しの無料サービスが利用できる魅力は大きいわけです。

 

はんこプレミアム

はんこプレミアムは手彫り印鑑を格安価格で提供している大手の印鑑通販ショップです。特に、手彫り印鑑を安値で提供しているのが魅力で、手彫りの場合は1,980円の費用を追加するだけで機械彫りから手彫りに変更ができます。手彫りは職人芸とも言えるもの、匠と呼ぶ印鑑職人が自分の印鑑を製造してくれるわけです。手彫りの場合には2万円前後の価格になることが多いのですが、はんこプレミアムでは1万円前後の値段で機械にはできない印鑑を作ることができます。

 

ハンコマン

ハンコマンもハンコヤストアドットコムと同じく10年保証が付いているので安心感がありますよ。しかも、午後5時までに注文を行った時には即日発送もできるので、実印を急いで作らなければならない時でも便利です。ちなみに、実印は印鑑登録が必要な印鑑ですから、役所の営業時間内に出向いて登録および証明書の交付を受けることになります。